スルフォラファンの特徴

sugazyo_s

スルフォラファンはファイトケミカルの一つで、たんぱく質や脂質、ビタミン、食物繊維、炭水化物、ミネラルの6大栄養素に次いで7番目の栄養素として注目されています。

ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に多く含まれており、辛み成分がスルフォラファンです。特に多く含まれているのがブロッコリーを発芽させたブロッコリースプラウトでブロッコリーの何十倍もの量が含まれています。

スルフォラファンは活性酵素を取り除き、有害物質を無毒化する働きがあります。さらに無毒化したものを体外に排出することができ様々な効果があります。胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌を除去したり、スギ花粉による花粉症の改善、悪酔い、がん予防、メタボリックシンドロームの予防のほか美白効果やデトックス効果もあります。

悪酔いはアルコールの代謝物によって起こります。アセトアルデヒドと呼ばれる物質の代謝を促すため、短時間で軽減することができます。

メタボリックシンドロームに関しては脂っこいものや高脂肪のものを食べた時、内臓に脂肪がつきにくくする効果があります。脂肪がつきにくくなるので動脈硬化が起こるリスクも減少し、他の生活習慣病にも効果があります。

デトックス効果としては活性酵素を取り除くことができるので体の循環が良くなり、新陳代謝が改善されていきます。新陳代謝が改善されると脂肪の燃焼効率が高くなったり、肩こりや冷えの解消、美肌に効果が現れるようになります。
また、スルフォラファンは解毒作用もあります。細胞内にある発がん物質を無毒化することができるので、がん発生の抑制にもなります。

スルフォラファンは熱に強いため加熱料理を行っても大丈夫ですが、より効果をあげるには生のまま食べた方が良いでしょう。また、電子レンジなどのマイクロ波で調理してしまうとスルフォラファンの細胞が壊れてしまう可能性があります。ブロッコリースプラウトならば1回一つかみ程度で効果はあるので、サラダなどにして取り入れるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>