ダイエット中にココナッツオイルは最適?

kouso333

中鎖脂肪酸とは、ココナッツや母乳などに含まれている天然成分で、一般的な植物油に含まれているオレイン酸やリノール酸と同様の脂肪酸の成分だと言えます。牛乳などにも含まれており、消費者が普段から摂取している成分の一つになっています。ココナッツオイルには、およそ6割の中鎖脂肪酸が含まれていますが、現在は、100%の中鎖脂肪酸からなるオイルも販売されています。中鎖脂肪酸は、一般的な油に含まれている長鎖脂肪酸と比べて分子構造が短いため、比較的に水に馴染みやすいという特徴があります。そして、体内に取り込まれると、同じく水に溶けやすい糖等と共に、小腸から直接肝臓に吸収・分解されるわけです。これにより、一般的な油のおよそ5倍の速さで、エネルギーになるので、効率的に脂肪が燃焼すると言えます。

ココナッツオイルが、ダイエットに適しているのは、以上のように、含まれている中鎖脂肪酸が素早く吸収・分解されエネルギーに変えられるので、体内に蓄積されにくいからです。また、ココナッツオイルには動物性脂肪の燃焼を助ける働きがあるので、既に身体に付いた体脂肪も減少させることになります。中鎖脂肪酸が肝臓で分解されてケトン体になりますが、主なエネルギー源であるブドウ糖が少なくなってくると、ケトン体が代わりにエネルギー源となります。それ故、効率よく脂肪を燃焼させて、痩せることに繋がると言えます。ココナッツオイルの主成分となっている中鎖脂肪酸は、コレステロール値を殆ど上昇させないことも特長となっています。通常、体内に取り込まれた脂肪成分は、コレステロール値を上昇させ中性脂肪も増やします。それに対して、ココナッツオイルの場合は、中性脂肪を増やすことがないので太りにくいわけです。加えて、中鎖脂肪酸には善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。余分な悪玉コレステロールは、酸化して動脈硬化の原因にもなるので、心臓病等のリスクが高まることになります。ココナッツオイルは、そうした病状の予防にも効果があるわけです。同様の効果がある食品としては、オリーブオイルが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>