ナットウキナーゼのサプリメントについて

kouso111

納豆は弥生時代から存在すると言われ、日本人が長く親しみ共に歩んできた食物の一つです。しかし、納豆が注目されるようになったのは、数多くの効能が発見されて以降のことで、昔から全国的に食されるポピュラーな食材だったわけではありません。

納豆は食物繊維を豊富に含むと同時に、良質なタンパク質を内包し、体に必須とされるビタミンKなど、健康に良いとされる多くの物質が含まれています。このため、腸内環境を整えるプロバイオティクス作用や抗菌作用など数多くの効能があることがわかり、健康食品として多くの人に日常的に食されるようになりました。

更に納豆のネバネバには、ナットウキナーゼというタンパク質分解酵素が含まれており、これを凝縮し飲みやすくしたものがナットウキナーゼのサプリメントです。

ナットウキナーゼは、納豆が発酵する段階で生成されるもので、フィブリンの分解を促す作用があります。フィブリンとは血栓の素となる物質で、血管内の血液を凝固させるため血栓症の原因となります。人間の体内には血栓を分解する酵素、ウロキナーゼが存在しますが、ナットウキナーゼはこのウロキナーゼの前駆体であるプロウロキナーゼの働きを強める作用があります。更にプラスミノーゲンアクチベーターを増やすことで、血栓分解酵素のプラスミンが相対的に増えるとされています。

納豆を直接食べることに比べ、ナットウキナーゼサプリを摂取した方が良いとされる点もあります。納豆には血液凝固因子の生成に必要なビタミンK2が多く含まれていますが、血栓症を患っている人は大量に摂ることができません。しかし、ナットウキナーゼサプリであれば問題ないことが証明されているため、気にすることなく摂取することが可能となっています。

また、長期的にナットウキナーゼを摂取することで高血圧の改善が見られるほか、血小板凝集抑制作用があるなど多くの効能があることもわかっており、健康維持には最適なサプリメントと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>