バナバ茶に期待できる効果

mizudobon

バナバ茶はミネラルや食物繊維がたっぷり含まれていて、毎日飲むと便秘解消が期待できるお茶ですが、バナバ茶に含まれている成分の中でも最も注目されているのは、糖尿病予防が期待されているコロソリン酸です。コロソリン酸には、細胞のブドウ糖を届けるタンパク質の働きを促進させることが研究によって認められています。

食べ物から吸収された炭水化物や糖分は分解されブドウ糖として血液に存在し、筋肉や脳などの細胞に運ばれて活動エネルギーに利用されます。ブドウ糖を血液中から細胞に送り出す指令を与えるのがインスリンで、指令を受けたGLUT4というタンパク質がブドウ糖を細胞に分配していきます。インスリンの働きが弱かったり、GLUT4が減少していたりすると、ブドウ糖の吸収が鈍くなって血液中に留まってしまうので血糖値が高くなってしまいます。コロソリン酸はインスリンと同じような作用を持ち、GLUT4の働きを促進させる成分として研究されています。

バナバ茶含まれているタンニンは、抗酸化成分として知られているポリフェノールの一種です。柿やワインに多く含まれていて独特の渋みがありますが、酸化による細胞の劣化を防いだり、コレステロールを下げて血圧を正常に保つ働きがあるとされています。バナバ茶に含まれている成分が持っているコレステロールや血糖値を下げる働きは、糖尿病や合併症の予防と生活習慣病の予防にも最適です。活性酸素の除去と水溶性食物繊維で腸内環境を整える働きもあるので、美肌効果やアンチエイジングケアにもピッタリのお茶です。

バナバは東南アジアやインドなどの熱帯地域原産の植物で、日本ではオオバナサルスベリとも呼ばれています。淡いピンクから紫に変わる美しい花を咲かせるので、観賞用で庭に植えられることも多い植物です。お茶で利用する時には、乾燥させた葉を煮出して飲みます。カフェインが含まれていないので、就寝前などのリラックスしたい時の飲み物にも適していて、バナバ茶が生産されるフィリピンでは薬用植物に認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>